読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス英語ワークショップ

ビジネスに役立つ英語を確実に身につけてください。

ビジネス英語ワークショップ 番外編 女王陛下の007

今や世界的な人気を誇る

 

 

ジェームズ・ボンド

 

 

007シリーズですが、

 

 

 

第6作目の

 

 

On Her Majesty's Secret Service

 

 

邦題を

 

 

女王陛下の007

 

 

で、

 

 

主役が交代しました。

 

 

 

それまで

 

 

ジェームズ・ボンド

 

 

演じていた

 

 

ショーン・コネリー

 

 

イメージが固定化することを

 

 

嫌って、

 

 

この映画、

 

 

On Her Majesty's Secret Service

 

 

女王陛下の007

 

 

での

 

 

ジェームズ・ボンド役を

 

 

断りました。

 

 

最終的に、オーストラリアの

 

 

モデル出身である

 

 

新人俳優

 

 

ジョージ・レーゼンビーが

 

 

2代目ジェームズ・ボンド

 

 

演じました。

 

 

映画のあらすじは、

 

 

ウィキペディアをご覧ください。

 

 

女王陛下の007 - Wikipedia

 

 

興行的には

 

 

これまでの

 

 

ジェームズ・ボンド映画としては

 

 

期待されたほどではなかったようで、

 

 

 

結局、ジョージ・レーゼンビーが

 

 

 

演じるジェームズ・ボンド

 

 

 

これ1作のみとなりました。

 

 

 

映画としては原作に忠実だという

 

 

 

評価がありますが、

 

 

 

やはり

 

 

 

ジェームズ・ボンドショーン・コネリー

 

 

 

という観客の期待は

 

 

 

根強いものがあったのかもしれませんね。

 

 


いずれにせよ、貴重な作品と

 

 

 

言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 


On Her Majesty's Secret Service Theme Song - James Bond