読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス英語ワークショップ

ビジネスに役立つ英語を確実に身につけてください。

ビジネス英語ワークショップ 初級編その3

文法的な説明になりますが、

 

 

この文章の主語は「彼は」です。

 

 

動詞は、「制限した」です。

 

 

英語の場合、

 

 

主語+動詞となりますので、

 

 

 

                                  He restricted 

 

 

となります。

 

 

この動詞、

 

 

                    restricted 

 

 

 

は他動詞、

 

 

 

つまり、目的語を伴います。

 

 

この文章では、

 

 

「自由」ですから、

 

 

 

                   He restricted freedom 

 

 

 

となりますが、

 

 

「自由」の前に「彼らの」

 

 

という所有格

 

 

 

                      their 

 

 

 

がつきます。ここまでの英文は、

 

 

 

                             He restricted their freedom 

 

 

 

となります。

 

 

そして、

 

 

 

                            「その地域内に限って」

 

 

 

という条件がつきますので、

 

 

 

                          only within the area

 

 

 

をつけます。

 

 

 

さて、このように文法的な

 

 

 

説明をしましたが、

 

 

 

理解できたでしょうか。

 

 

 

このように文法という

 

 

 

規則に基づいた説明により、

 

 

眠っていた英語の

 

 

 

知識が目をさますような

 

 

 

感覚を味わってください。

 

 

 

 

「英文法が嫌い」という理由を

 

 

 

再度考えてみましょう。

 

 

 

 

英文法が嫌い

 

 

 

これは主に、

 

 

 

英文法が受験用の

 

 

 

知識習得を前提にして

 

 

 

いるからだと思います。

 

 

 

英文法は必要ない、

 

 

 

というような

 

 

宣伝をみることが

 

 

 

ありますが、

 

 

 

英文法は必要です。

 

 

 

必要でないのは、

 

 

 

受験用の知識

 

 

 

としての英文法です。

 

 

 

なんか禅問答みたいですが、

 

 

 

要するに英文法というのは

 

 

 

交通規則と同じで、

 

 

 

あなたが自動車を

 

 

 

運転する場合には、

 

 

 

交通規則に従わないと

 

 

 

違反になるように、

 

 

 

あなたが

 

 

 

英語で伝えようとする場合に、

 

 

 

 

英語の規則に従っていないと、

 

 

 

手がまったく理解できなくなる、

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

意外と忘れられているのが、

 

 

 

日本語にも文法がある、

 

 

 

ということです。

 

 

 

日本人であるあなたは、

 

 

 

日本語の文法、と意識せずに

 

 

 

日本語の文章を組み立て、

 

 

 

日本語を話しています。

 

 

 

わたしが

 

 

 

「必要ないのは受験用の知識としての英文法」

 

 

 

である、というのは、

 

 

 

このようなことです。

 

 

 

あなたが英語で

 

 

 

仕事をする場合、

 

 

 

英語の文章を

 

 

 

組み立てるための

 

 

 

知識としての英文法は

 

 

 

必要不可欠です。

 

 

 

 

例えば、契約書で

 

 

 

「一方の当事者は他方の当事者と以下の通り合意する。」

 

 

 

という日本文を英語にする場合、

 

 

 

この文章の主語は何だとか、

 

 

 

動詞は何だとか意識せずに

 

 

 

日本文を充分理解しています。

 

 

 

同じように、

 

 

 

英語での主語、動詞などを

 

 

 

意識せずに、日本文を英文に

 

 

 

できればいいのですが、

 

 

 

英語を学んだのは

 

 

 

中学生になってからですから、

 

 

 

日本語のように

 

 

 

小さいころから慣れ親しんだ

 

 

 

言語ではありません。

 

 

 

そこでちゃんとした

 

 

 

英文になるように

 

 

 

手助けしてくれるのが、

 

 

 

英文法です。

 

 

 

本来はそうあるべきものですが、

 

 

 

いつの間にか

 

 

 

受験用の知識として

 

 

 

使われるように

 

 

 

なってしまっています。

 

 

 

ちなみに、

 

 

「一方の当事者は他方の当事者と以下の通り合意する。」は、

 

 

 

           One party hereby agrees with the other party as follows:

 

 

 

となります。

 

 

 

もっと別の言い方も

 

 

 

ありますし、

 

 

 

もっと単語を

 

 

 

省略してもいいのですが、

 

 

 

 

契約書という価値を

 

 

 

維持するための表現

 

 

 

という観点から

 

 

 

英文にする必要があります。

 

 

 

それではまた、次回お会いしましょう。

 

 

 

 

                                  See you next time!

 

 

 

 


03 公開講座 ビジネス英語ワークショップ

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク