読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス英語ワークショップ

ビジネスに役立つ英語を確実に身につけてください。

ビジネス英語ワークショップ 初級編その6

ビジネス英語 ワークショップ 英語

今回から

 

 

技術英語を読む

 

 

という観点から

 

 

ビジネス英語に

 

 

取り組んでいきましょう。

 

 

中学レベルの英語力で、

 

 

術英語の文献を

 

 

読んでいきます。

 

 

技術英語といっても、

 

 

決して難しいもの

 

 

ではありません。

 

 

英語そのものよりも

 

 

書かれている内容に

 

 

関する知識があれば、

 

 

充分に理解すること

 

 

ができます。

 

 

英文で書かれている

 

 

情報を掴む、

 

 

という観点から

 

 

以下の文献を

 

 

読んでみましょう。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━

Astronomy

━━━━━━━━━━━━━━━

Radio Astronomy

 

The “Radio Astronomy” was born

 

at the time when an American radio

 

engineer, Karl Hansky tried to get rid of

 

the static noise on his radio receiver.

 

The static noise would not go away.

 

In fact, the static noise returned every day

 

at about the same time.

 

He was surprised to discover

 

that it did not come from the earth.

 

The static noise was a radio signal

 

from outer space.

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

キーワード
━━━━━━━━━━━━━━━━

 

radio astronomy       電波天文学

 

radio engineer        無線技術者

 

static noise         途切れのない雑音          

 

go away      (信号が)消える

 

at about the same time    ほとんど同じ時間に

 

radio signal         電波信号


outer space        外の宇宙

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

背景知識
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

今回は、電波天文学についての文献です。

 

特に、電波望遠鏡による観測についての

 

知識が求められます。

 

これまでの天体観測は光学望遠鏡による、

 

可視光線、つまり

 

目に見える光、の観測が主でしたが、

 

最近では電波、赤外線、

 

X線などの観測が盛んにおこなわれ、

 

電波天文学、赤外線天文学

 

X線天文学という分野が

 

開拓されています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

背景知識01
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

電波望遠鏡について、

 

簡単に調べて

 

みてください。

 

 

それではまた、次回お会いしましょう。

 

 

                                                       See you next time!

 

 

 


09 公開講座 ビジネス英語ワークショップ

  

 

 

スポンサードリンク