読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス英語ワークショップ

ビジネスに役立つ英語を確実に身につけてください。

ビジネス英語ワークショップ 初級編その2

前回のコンピュータの知識を

 

 

踏まえて、以下の英文を

 

 

和文にしてみましょう。

 

 

英文

 

 

Personal computers are the kind we use at home and in school.  

 

 

They are no bigger than a television set and

 

 

they are useful for teaching, for small businesses,

 

 

and for playing computer games.

 

 

 

これまで述べてきた方法、

 

 

つまり英文を声に出して

 

 

読みながら書いていく作業、

 

 

その英文の内容を理解して

 

 

日本語に訳す作業、

 

 

そしてその日本語を

 

 

あなたのことばで

 

 

和文にする作業を、

 

 

繰り返してください。



 

 

以下に和文の訳例を示します。




和文訳例

 

パーソナル・コンピュータは、

 

 

私達が家庭や学校で使用している

 

 

ような種類のものです。

 

 

パーソナル・コンピュータは

 

 

テレビと同じくらいの

 

 

大きさなので、

 

 

教育や個人的なビジネス、

 

 

コンピュータ・ゲームに便利です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここまでのまとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

さてここまで、

 

 

基礎編、

 

 

入門編、

 

 

初級編

 

 

と、ビジネス英語に取り組んで

 

 

きていただきましたが、

 

 

以前と比べて

 

 

ビジネス英語に対する

 

 

認識はどのように

 

 

変わってきたでしょうか。

 

 

「ビジネス英語」といっても、

 

 

特別な英語ではありません。

 

 

わたしたちが中学校から

 

 

習ってきた普通の英語です。

 

 

英語で仕事をしなければ

 

 

ならない状況のなかで、

 

 

本来ならば仕事について

 

 

ちゃんと成し遂げなければ

 

 

ならないのですが、

 

 

どちらかといえば、

 

 

英語が注目されて

 

 

しまいがちです。

 

 

英語は苦手だからといって、

 

 

仕事で必要不可欠であれば、

 

 

無視することはできません。

 

 

だからといって、

 

 

子供のような表現では

 

 

会社としての信用にも

 

 

影響を及ぼしかねません。

 

 

日本語でちゃんと

 

 

仕事を理解して、

 

 

それを英語で伝える

 

 

という、

 

 

コミュニケーションツールとして、

 

 

 

英語を捉えていけば、

 

 

そんなに特別な扱いを

 

 

することもありません。

 

 

しかしながら、

 

 

英語で伝えることを

 

 

簡単に考えることも

 

 

できません。

 

 

なぜなら、これまで学んで

 

 

きたように、英語と日本語は

 

 

文章構造も違えば、

 

 

発想も違うからです。

 

 

とかく「通訳」や「翻訳」は

 

 

軽視されがちなのですが、

 

 

通訳者や翻訳者は実際には

 

 

プロとして絶え間のない

 

 

努力をしてきています。

 

 

そこまでする必要はありませんが、

 

 

仕事で使う英語、

 

 

つまりビジネス英語への

 

 

 

取り組み姿勢として、

 

 

正しいプロセスで

 

 

臨むことは重要です。

 

 

この講座では、

 

 

繰り返し英文と和文を

 

 

声に出して読みながら

 

 

書いていくことで、

 

 

あなたの潜在意識に

 

 

眠っている英語知識を

 

 

顕在化するプロセスを説明し、

 

 

それを

 

 

実践していただいています。

 

 

この作業には決して

 

 

即効性はありません。

 

 

けれども、繰り返すことで、

 

 

これまでの英語知識が顕在化し、

 

 

その英語知識が

 

 

肉体化していくことを

 

 

実感することができます。

 

 

 

英語知識が肉体化すれば、

 

 

 

切れば血が出るような英語を

 

 

使えるようになって

 

 

いきますので、

 

 

 

ぜひこのプロセスを

 

 

 

継続してください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━

和文英訳

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

次の和文を

 

 

英語にしてみてください。




   「彼はその地域内に限って彼らの自由を制限した。」

 

 

 

 

それではまた、次回お会いしましょう。

 

 

 

 

                               See you  next time!

 

 

 

 

 

 


02 公開講座 ビジネス英語ワークショップ

 

 

 

スポンサードリンク