読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス英語ワークショップ

ビジネスに役立つ英語を確実に身につけてください。

ビジネス英語ワークショップ 入門編その10

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世界共通言語としての英語を考える。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

さて、今回は

 

 

英語は本当に世界共通言語なのか、

 

 

考えてみます。

 

1.

 

世界人口約70億人のうち、

 

 

約17.5億人が

 

 

英語人口である。(世界人口の約25%)

 

 

2.

 

4人に1人が実用レベルで

 

 

英語を使用している。(Harvard Business Review)

 

 

3.

 

非英語人口は、

 

 

そのうちの約13.6億人

 

 

4.

 

英語人口の約78%が

 

非ネイティブ・スピーカー

 

 

5.

 

世界標準的な

 

 

英語が求められている。

 

 

 

以上のような統計結果を理由に、

 

 

英語は世界共通言語である、

 

 

ということが

 

 

できると思います。 

 

 

特に、英語人口の78%が、

 

 

英語を母国語としない

 

 

非ネイティブ・スピーカー

 

 

という点は、

 

 

驚きに値すると思います。

 

 

もはや英語は

 

 

アメリカ人やイギリス人だけの

 

 

言語ではない、

 

 

ということですね。

 

 

だからこそ、標準的な英語が

 

 

世界レベルで必要と

 

 

されているわけです。



━━━━━━━━━━━━━━━

界標準的な英語について

━━━━━━━━━━━━━━━

 

この場合、使う英語、

 

 

特に話す英語は、

 

 

アメリカ英語や

 

 

イギリス英語のように

 

 

発音する必要はありません。

 

 

母国語の知識から、

 

 

英単語の発音に

 

 

近づけるようにするだけです。

 

 

発音よりもイントネーション、

 

 

つまり抑揚のほうが大事です。

 

 

英語らしく聞こえるというか、

 

 

発音は上手くなくても、

 

 

こちらの話す英語が相手に

 

 

理解してもらえるためには、

 

 

イントネーションが

 

 

重要となります。

 

 

例えば、

 

 

以下の英文をご覧ください。

 

 

             My name is Taro Yamada. 

 

 

「わたしの名前は山田太郎です。」

 

 

 

これを英語で発音すると、

 

 

どうなるでしょうか。

 

 

日本語の場合でしたら、

 

 

「わたしのなまえはやまだたろうです。」

 

 

棒読みであっても、

 

 

日本語らしく聞こえます。

 

 

英語の場合は、

 

 

              My name is Taro Yamada.

 

My name is Taro Yamada. 

 

 

 

と下線部分を大きく発音します。

 

 

 

すると英語らしく聞こえます。



 

また、次の英文では、

 

 

           May I help you? 

 

 

「いらっしゃいませ。」

 

 

              May I help you? ↗ 

 

 

 

最後は声を上に

 

 

 

あげるようにします。



 

さらに、次の英文です。

 

 

 

              Nice to meet you  

 

 

お会いできてうれしいです。

 

 

              Nice to meet you

 

 

                               me(et)  you

 

 

は、続けて発音します。つまり、

 

 

                                meet you 

 

 

と2単語ではなく、

 

 

                                 meetyou 

 

 

とあたかも1つの単語のように、

 

 

しかも             meet            の

 

 

最後の t は

 

 

日本語のように

 

 

母音(あいうえお)のない音

 

 

ですから、meet の最後は

 

 

発音してますが、

 

 

ほとんど聞こえません。

 

 

そして、次の 

 

 

                              you 

 

 

の発音と

 

 

一緒になって、

 

 

                  choo (チュゥ)

 

 

のように聞こえます。

 

 

このような現象をリエゾン

 

 

といいますが、

 

 

英語よりもどちらかといえば

 

 

フランス語

 

 

でこのリエゾン

 

 

頻繁にみられます。

 

 

 

これについては、

 

 

以下の音声での説明で

 

 

確認してください。

 

↓↓↓

 

https://drive.google.com/file/d/0B3mG95iiQY3xZ05vbG1iN28wZUk/view?usp=sharing

 

 

 

今回で、入門編は

 

 

 

終了です。

 

 

 

次回からは、初級編で

 

 

 

お会いしましょう。

 

 

 

                    See you next time!

 

 

 

 


公開講座01ビジネス英語ワークショップ基礎

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク