読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス英語ワークショップ

ビジネスに役立つ英語を確実に身につけてください。

ビジネス英語ワークショップ 入門編その7

今回は、簡単な英文を

 

 

取り上げました。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

電車内でのアナウンス

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

英文 

 

                              Please make sure you have got everything.



先ず、この英文を声に出して

 

 

読んでみてください。

 

 

そして、今度は声に出して

 

 

読みながら、ノートに書いてください。

 

 

これを10分間、繰り返してください。

 

 

それが終わったら、英文の内容を

 

 

あなたのことばで和文にしてください。

 

 

 

そして、以下の約例と

 

 

 

比べてみてください。

 

 

 

和文

 

 

 

あなたはすべてを持っていることを確認してください。

 

 

 

和文2

 

 

お忘れ物のないように、ご注意ください。



 

それぞれの解説ですが、

 

 

和文1は、「原文に忠実に」表現していますが、

 

 

いったい何を言いたいのでしょう。

 

 

これだけでは、その意図が理解できません。

 

 

和文2は、「原文の意味に忠実に」

 

 

表現しています。

 

 

つまり、原文が使われる状況に

 

 

ふさわしい文章になっています。

 

 


電車の車内放送には、

 

 

 

どちらの和文が適切でしょうか。

 

 

 

和文2のほうが自然な表現ですね。

 

 

 

この表現は、覚えておいてください。

 

 

 

つまり、

 

 

                   Please make sure you have got everything. 

 

 

 

が聞こえてきたら、

 

 

 

「忘れ物のないように、ご注意ください。」

 

 

 

という意味だ、と

 

 

 

認識しておいてください。

 

 

 

初めて聞く表現ならば、

 

 

 

潜在意識に眠らせておいてください。

 

 

 

英語でこの表現が聞こえてきたら、

 

 

 

電車の中に限らず、

 

 

 

訪問先から帰る場合に、

 

 

 

先方の方から同じことを

 

 

 

言われるかもしれません。

 

 

 

その場合は、

 

 

 

「お忘れ物はありませんか。」

 

 

 

とか「お忘れ物、大丈夫ですか。」と

 

 

 

いう意味のことを言っている、

 

 

 

と理解してください。

 

 

 

理解できれば、この表現は

 

 

 

もう潜在意識から顕在意識へ

 

 

 

移っています。

 

 

 

積極的な知識として、

 

 

 

活用することができます。

 

 

 

日本語では、「忘れ物」という

 

 

 

単語がありますが、

 

 

 

英語では「忘れ物」に

 

 

 

相当する単語はありません。

 

 

 

「忘れ物」は英語の発想では、

 

 

 

すべてのもの、つまり

 

 

                                                   

                                         everything

 

 

 

があるかどうか、

 

 

 

となります。

 

 

 

決まり文句として、

 

 

 

                           You have got everything. 

 

 

 

を覚えてください。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それではちょっと考えてみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

次の文は映画の一場面で、

 

 

 

友達同士が話をしているシーンを

 

 

 

想像してみてください。



                 

           "I saw him in New York."



 

 

このセリフの意味を

 

 

 

考えてみてください。

 

 

 

それではまた、次回お会いしましょう。

 

 

 

                                  See you next time!

 

 

 

 


ゼロから始めるビジネス英語ワークショップ基礎編

 

 

 

 

スポンサードリンク