読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス英語ワークショップ

ビジネスに役立つ英語を確実に身につけてください。

ビジネス英語ワークショップ 入門編その2

この講座は、

 

 

あなたの眠っている英語力を

 

 

活用して、

 

 

英語で仕事をすることに

 

 

自信を持ってもらうことを

 

 

目的としています。

 

 

英語で仕事をする、というと

 

 

とても大変だと思われそうですが、

 

 

現在の仕事を確実にされている

 

 

あなたにとっては、

 

 

英語をコミュニケーションツールとして

 

 

捉えてください。

 

 

次回から具体的な英文や和文を用いての

 

 

課題などを提供していきますが、

 

 

はっきり言って、

 

 

「入門編」のレベル以上の内容です。

 

 

英語そのものは中学レベルなのですが、

 

 

技術的な内容などを題材として

 

 

取り上げていますので、

 

 

技術背景などを理解することが

 

 

必要となります。

 

 

眠っている英語を

 

 

活用することについて、

 

 

次の記事をご覧ください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

眠っている英語力〜潜在意識から顕在意識へ〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今は小学校から英語を学んでいたりしますし、

 

お稽古としての幼児の英語教室なんかも

 

人気があるようです。日本社会全体として

 

英語熱は高いと言えるでしょう。

 

では、日本の経済を支えている

 

 

ビジネスパーソンの方々は

 

 

どうでしょうか?

 

 

現在の日本のビジネスパーソンの方々も

 

 

中学、高校と少なくとも英語を

 

 

6年間勉強してきたと思います。

 

 

さらに大学などの上位の学校に

 

 

進学した方はそれ以上に

 

 

英語を学んできているはずです。

 

 

そうした年数の割には多くの方が

 

 

英語を話せないというのが現状です。

 

 

英語が話せるビジネスパーソンの方の

 

 

多くは海外留学、海外赴任の経験が

 

 

あるというのが圧倒的に

 

 

多かったりします。

 

つまり、必要に迫られて、

 

 

英語圏で生活をしていた人が語学を

 

 

身につけているということです。

 

では、そうした経験が無い場合は

 

 

英語力を身につけることは

 

 

できないのでしょうか?

 

 

そんなことはありません。

 

 

例えば、ある英単語を見た時に、

 

意味は思い出せなくても、

 

 

「確か昔、習ったような単語だな〜」

 

 

と感じることはあると思います。

 

それは、その英単語が潜在意識には

 

 

あっても、眠っている状態なのです。

 

 

これを顕在意識へと引出すことが

 

 

出来れば英語力が圧倒的に伸びてきます。

 

つまり、あなたの英語力は

 

 

ゼロなのではなく、

 

 

潜在意識に眠っている

 

 

状態だと言うことです。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

入門レベルの英語力でOK!英語で話そうとする姿勢が大事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


企業規模の大小を問わず、

 

海外でビジネスを展開する機会が

 

増えてきていると思います。

 

そうした海外での商談の際に、

 

英語をぺらぺらと話せる

 

日本人のビジネスパーソン

 

見ていると格好良いなと

 

感じるかもしれません。

 

いかにも世界を股にかけた

 

国際的なビジネスパーソン

 

言う感じがしますよね。


ですが、ビジネスパーソンというのは

 

別に英語の教師でもなければ、

 

通訳でもありません。ですから、

 

そんな高度な英語力を

 

持っていなくても

 

当たり前なのです。

 

むしろぺらぺらと話せる人のほうが

 

例外と言えるでしょう。

大事なのは英語が上手いか下手か

 

ということではありません。

それよりも重要なのは

 

日本のビジネスパーソン自らが

 

英語で話そうとする姿勢なのです。

 

商談にしろ、ビジネスパートナーとの

 

会話にしろ、通訳に任せている

 

だけではなく、たとえたどたどしい

 

英語であったとしても自ら

 

コミュニケーションをしようと

 

語りかける姿勢は相手にも

 

絶対に伝わるのです。

 

それに英語を話す際には

 

入門レベルの英語力でも

 

かなりの部分、対応できるものです。


日本のビジネスパーソン、特に経営者は

 

年輩になるほど、「英語はちょっと…」と

 

苦手意識を持っている人が

 

多いように感じます。

 

ですが、大事なのは話そうとする

 

姿勢だと言うことは

 

今一度考えてみてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本のビジネスパーソンがビジネス英語を学ぶ意義
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


国際化の時代ですから、

 

日本のビジネスパーソン

 

海外で商談をすることや、

 

逆に海外のビジネスマンが

 

日本で商談したりするのが

 

当たり前のことになっています。

 

日本で行われている商談に

 

海外の経営者などの

 

ビジネスパーソン

 

自ら来ることもよくあります。

 

そうしたときに参加している

 

外国人の経営者や

 

ビジネスパーソン

 

たどたどしい日本語で

 

話していたりすることも

 

あります。


では、それを聞いている

 

日本の経営者やビジネスパーソン

 

どう思って聞いているのでしょうか?

 

「変な日本語で話すなよ!」…

 

なんて思っているでしょうか? 

 

違いますよね。

少なくとも常識的な感覚を

 

持っているビジネスパーソンであれば、

 

一生懸命に話している

 

外国のビジネスパーソン

 

言葉を真摯に聞いてあげると思います。

 

たとえ、たどたどしい話し方で

 

あったとしても、

 

経営者が相手の言葉で

 

話すのは好感がもたれるものです。

 

もちろん、契約などの微妙な

 

問題の際にはきちんと

 

通訳をいれるべきですが、

 

そうでない場では

 

極力相手の言葉で話すことが

 

ビジネスの場では必要に

 

なってきます。

 

こうしたことから、

 

日本のビジネスパーソン

 

自らビジネス英語を

 

学ぶべきだと言えます。

 

「今さら勉強なんて…」

 

というようなネガティブな

 

思考を捨てましょう。

基本的な単語は潜在意識に

 

植え付けられていたりするので、

 

英語の勉強もやり始めてみると

 

案外簡単に感じるかもしれませんよ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それではまた次回、お会いしましょう。

 

                 See you next time!

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク