読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス英語ワークショップ

ビジネスに役立つ英語を確実に身につけてください。

ビジネス英語ワークショップ 基礎編 時制その6

前回は、助動詞について

 

 

説明しました。

 

 

だんだんと文法的な説明になっているので

 

 

いやだなって思っているかもしれませんね。

 

 

でもこれはちょうど、交通規則と同じだと

 

 

考えてください。

 

 

自動車の免許を取るのためには、

 

 

自動車学校などで、交通規則の説明が

 

 

ありますが、運転免許を取るために

 

 

必要な知識としての交通規則用語が

 

 

いろいろと出てきます。

 

 

例えば、左折、右折、スピード違反、

 

 

安全運転義務違反、ハイドロプレーン現象など、

 

 

そう言えば、昔どこかで聞いたことがある、

 

 

という程度でもいいんです。

 

 

耳にしたら、理解できる、ということで

 

 

英文法の用語も覚えておいてください。

 

 

さて、助動詞ですが、

 

 

文字通り、動詞を助けるための品詞です。

 

 

動詞を助けるとは、

 

 

例えば、「あなたは本を読む」という

 

 

これを英文にすると、

 

 

                                  You read a book.

 

と表します。

 

 

では、「あなたは本を読むことができる」という

 

 

和文であれば、

 

 

英文では、

 

              You can read a book.

 

 

と表現します。

 

 

文章の構成は、

 

 

主語                          You

 

 

助動詞                      can

 

 

動詞                         read

 

 

冠詞                         a

 

 

目的語                    book

 

 

となります。

 

 

このように、動詞「読む」を 

 

 

助動詞 can    を使って

 

 

「読むことができる」というふうな

 

 

補足説明をするのが、

 

 

助動詞 can    です。

 

  

動詞の前に来て

 

 

「~することができる」という

 

 

意味を表します。

 

 

また、場合によっては、

 

 

「~してもよい」

 

 

という意味でも使われます。

 

 

「~してもよい」という表現は、

 

 

                          may

 

 

という助動詞を使う場合が

 

 

ほとんどですが、

 

 

                    can   may

 

 

の違いは、

 

 

                   can  よりも

 

 

                   may  のほうが

 

 

ていねいな表現、というふうに

 

 

認識されているようです。

 

 

例えば、「お手伝いしましょうか」

 

 

という日本語は、英語で

 

 

                         May I help you?

 

 

または

 

 

                   Can I help you?

 

 

 

のいずれの表現でも良いのですが、

 

 

 

                      May I help you?

 

 

の方がていねいだとされています。

 

 

意味が伝われば、どちらでも

 

 

いいんじゃぁないでしょうか。

 

 

それはともかくとして、

 

 

助動詞はそのほかに、

 

 

例えば、

 

 

                               shall

 

                               should

 

                               might

 

                              could

 

                             will

 

                            would

 

 

などがあり、

 

 

変則的な助動詞ですが、

 

 

                           ought to

 

 

があります。

 

 

今それぞれを説明しても、

 

 

だから英語は難しい、と

 

 

言われるかもしれませんので、

 

 

必要に応じて、その時に

 

 

解説していきますね。

 

 

それではまた、お会いしましょう。

 

 

See you next time!

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク