読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス英語ワークショップ

ビジネスに役立つ英語を確実に身につけてください。

ビジネス英語ワークショップ 基礎編 文法は大切です

さて、今回から ビジネス英語ワークショップ

 

 

基礎編をお伝えしていきます。

 

 

まず、文法について考えます。

 

 

英語で表現をするための文章を

 

 

組み立てるために必要な規則、

 

 

つまり、これが文法です。

 

 

正確には、英文法ですね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

英文法といえば、なんとなく

 

 

学校の授業を思い出してしまいそうで、

 

 

最初からイヤだ、とアレルギーを

 

 

感じてしまうかもしれませんね。

 

 

しかし、英文法といっても

 

 

別に試験で満点を取るのが

 

 

目的ではありませんから、

 

 

難しい知識は必要ありません。

 

 

あくまでも、英語で言いたいことを

 

 

伝えるために必要な文章を組み立てる

 

 

ことを目的とした、いわば規則だと

 

 

考えてください。

 

 

言い換えれば、受験用の知識ではなく

 

 

ビジネスのツールとしての

 

 

英語を活用するための知識、

 

 

それがここで言う、英文法です。

 

 

もちろん、説明を簡素化するために

 

 

いわゆる文法用語を使って説明を

 

 

しますので、不明な文法用語などは

 

 

まずご自分で調べてみてください。

 

 

それでも不明な場合は、以下のフォームから

 

 

ご連絡ください。

 

goo.gl

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

それでは、文章の構成について

 

 

簡単に説明します。

 

 

英文に限らず、日本文であっても、

 

 

ひとつの文章には、必ず、「主語」が

 

 

必要です。

 

 

そして、「主語」には「動詞」が

 

 

必要となります。

 

 

「主語」とは、その文章の主役、

 

 

例えば、わたし、あなた、彼、彼女、などです。

 

 

「動詞」とは、その「主語」が何をするのか、

 

 

何をしたのか、という動作を表すことばです。

 

 

例えば、「あなたは学校へ行きます。」という

 

 

文章の「主語」は、「あなたは」です。

 

 

そして、「あなたは」がするのは、

 

 

「(学校へ)行きます」つまり、

 

 

「(学校へ)行く」という

 

 

動作です。つまり、これが

 

 

「動詞」です。

 

 

これを英語にすると

 

 

「あなたは学校へ行きます。」は、

 

 

                             You go to school.

 

となります。

 

 

さてここで、日本語では、

 

 

主語は、「あなたは」

 

 

そして、動詞は、

 

 

「(学校へ)行く」です。

 

 

英語では、主語は You

 

 

動詞は、        go (to school)

 

 

です。

 

 

日本語と英語の文章で、

 

 

「主語」と「動詞」の位置を

 

 

比べてみてください。

 

 

「あなたは学校へ行きます。」

 

 

主語(あなたは)+ (学校へ)動詞(行きます)

 

 

                            You go to school.

 

 

主語 (You) + 動詞(go)  (to school)

 

 

もうお気づきですね。日本語と英語の文章では、

 

 

動詞の位置が違います。

 

 

                        You go to school.

 

 

を応用して、主語を変えれば、

 

 

「学校へ行く」誰かを表現できます。

 

 

例えば、「私が学校へ行く」場合は、

 

 

                        I go to school.

 

 

「彼が学校へ行く」場合は、

 

 

                     He goes to school.

 

 

「彼女が学校へ行く」場合は、

 

 

                    She goes to school.

 

 

と表現できます。

 

 

 

今回はここまで。

 

 

 

また、お会いしましょう。

 

 

See you next time!

 

 

 


【芸能人の英語力】英語がペラペラ小島よしおの英語力

 

 

 

 

スポンサードリンク